自宅で永久脱毛できるオススメ家庭用脱毛器をランキング!ケノンやブラウン、ヤーマンなど各メーカーさんの脱毛器の価格や口コミを徹底比較!また脱毛器のメリットやデメリットも紹介しているので脱毛器選びの参考にしてください。

脱毛器おすすめ安いランキング2020!実際に使っている方の口コミを元に比較しました

全身、すべすべのお肌へ

全身、すべすべのお肌へ

毎日のムダ毛の手入れが面倒!


と脱毛クリニックやサロンを検討してみたものの、

  • 家の近くに店舗がない
  • デリケートな部分をスタッフに見られるのが恥ずかしい
  • 子育てが忙しくサロンに通う時間がない

などの理由で脱毛を諦めている人も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが「家庭用脱毛器」です😊

このサイトでは、

  • 脱毛器の選び方
  • 人気の脱毛器
  • 脱毛器のメリット・デメリット
  • 家庭用脱毛器のランキング

などについて、まとめました。家庭用脱毛器の購入を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

家庭用脱毛器を選ぶポイント4つ

まずは、脱毛器を選ぶポイントを抑えておきましょう。
最近は、家電量販店などでも家庭用脱毛器がたくさん販売されていますが、1万円台の低価格のものもあれば、7~8万円と高額なものまで、価格に大きな幅があります。
種類もさまざまで、「どの脱毛器がいいの?」、「欲しいけど、選び方がわからない!」と思っている人も多いはず。
そこで、私の経験や実際に家庭用脱毛器を使用している人の口コミをもとに、家庭用脱毛器の選び方のポイントを4つにまとめてみました。

POINT1:脱毛方式をチェックする

脱毛方式にはフラッシュ式、レーザー式、サーミコン式 などがあります。それぞれ特徴をみてみましょう。

フラッシュ式

家庭用として多く販売されているのがフラッシュ式。脱毛サロンと同じ方法で、毛の黒いメラニン色素に反応する光を照射して毛根にダメージを与えます。
レーザー式よりも照射面積が広く、痛みも少ないのがメリットです。

レーザー式

レーザー式も、メラニン色素に反応する光を照射する点ではフラッシュ式と同じ。
フラッシュ式よりも出力が強く、高い脱毛効果を得ることができます。ただしピンポイントに照射するので処理に時間がかかり、痛みを感じやすいので注意が必要です。

サーミコン式

サーミコン式は、熱線によりムダ毛を焼き切る方法。処理後はすぐにスベスベ肌になることができます。直接触れないので、肌を傷める心配もありません。
また、カミソリなどで処理するとチクチクしますが、サーミコン式で毛を焼き切ると毛の先端が丸くなるため、チクチク感がないのも利点です。

POINT2:トータルでかかる費用で比較する

脱毛器を選ぶ時は、本体価格と機能だけではなく、照射回数やカートリッジなどが交換できるかを確認しましょう。
照射回数が少ないと頻繁にカートリッジを交換する必要があったり、交換出来ない場合は買い替えたりする必要があります。
なるべく、カートリッジの交換が不要で照射回数の多いものが経済的でおすすめです。

  • 「ピカッ」と一回フラッシュが光るごとに、残りの使用回数が減るシステムで、フラッシュを使い終わるとカートリッジ交換が必要。【ケノン
  • 充電式タイプは内蔵バッテリーの交換が必要。(案外高額)【トリア
  • サーミコン式などは本体ごと買いかえる必要がある(安い脱毛器は使い捨てが多い。)【ノーノーヘア

POINT3:照射レベルを調節できるか確認する

照射レベルを変更できるものであれば、痛みを感じやすい部位はパワーを弱くするなど調節ができるので安心です。

  • パワー調整ができるものとできない脱毛器があるので注意
  • 商品概要をよく読み、最大出力などを事前に調べておく
  • パワーが強過ぎると慣れるまで痛みや熱さを感じて、結果的に痛みが強くて脱毛できないことがある
  • 肌の薄い部分や敏感な箇所を脱毛する時、パワーの調整ができると便利

※出力調整については記事の後半で比較表にまとめました。ぜひ参考にしてください。

POINT4:1度に脱毛できる照射面積をチェック

1度にどれくらいの面積が肌に当たるのかで、お手入れにかかる時間と手間が大きく変わるため、照射面積がどれくらいあるかもチェックしましょう。
面積が狭いと何度も当てなければならないので時間がかかってしまいます。なるべく照射面積の広いものの方が、照射ムラも少なくなるのでおすすめです。
ポイント

ポイント

  • 面積が大きいタイプ→少ない回数で広範囲を脱毛可能(肌への負担も少なくて済む)
  • 面積が小さいタイプ→何度も機器を当てて脱毛する必要がある(手間がかかる)

体のどのパーツ(腕or脇or脚?)を脱毛したいのかをよく考え、照射面積の大小を決めましょう。

家庭用脱毛器おすすめランキング2020

ランキングを見る前に、市販脱毛器の種類、効果、痛み、満足度などを比較して表にまとめてみました。購入の参考にしてみてくださいね。

家庭用脱毛器比較表
では、上位2つの詳細をみてみましょう。

第1位 超スピード家庭用脱毛器ケノン

販売台数圧倒的NO1!アットコスメ口コミランキング2冠受賞✨

ケノン

  • 価格:通常価格 98,000円69,900円(税込)
  • 方式:フラッシュ脱毛
  • 出力:10段階調整可
  • 連射:6連射
  • 痛み:少ない
  • 製造:国産

効果をしっかりと実感できる!

1度ではツルツルにはなりませんが、2~3週間に1回のペースで使用すると6回ほどでかなり薄くなってきます😊

照射面積が大きく広範囲の脱毛も楽々♪

ケノンはヘッドが大きいので、1度の照射範囲が広いのが魅力。光のレベルも調整でき、6連ショットなどの機能も搭載しています✨

肌への負担も少なく、ワキやデリケートゾーン、眉毛、ヒゲと全身を脱毛することが可能💓

シェアして使えるのでコスパが良い!

家族みんなで使えるのでお得。カートリッジを交換すれば、美顔器としても使えます💰

カートリッジは消耗品ですが、1ヶ月に2回のペースで脱毛しても1年以上は使えるでしょう✨

本体価格が安い脱毛器の口コミをみると、「カートリッジの交換ができない」、「効果がなかった」というものが多くあります。

ケノンは少し高めですが、最初から効果があって、長く使えるので人気。公式サイトでは、月々3,000円~分割払いも利用できます✨

 

+ ケノンの愛用者の口コミ

  • 「中学生になる娘と一緒に使っていますが、カミソリ剃ると肌荒れしてたんですがケノンで脱毛してから仕上がりがキレイで娘もかなり満足しています。」(39歳 / 女性)
  • 「使い心地もよく、使い方も簡単!家で簡単に使えるのが良いですね。痛みもなく効果もでて満足です!」(27歳 / 女性)
  • 「サロンの格安キャンペーンで脱毛していましたが、予約はとれないし効果も実感出来ませんでしたが、ケノンは自分のタイミングで脱毛できるので効果が出やすい!」(23歳 / 女性)
  • 「毎日ひげ剃りしていたのですが、肌が乾燥しやすく、剃ったあとカサカサして、かさぶたになったりしてましたが、ケノンでヒゲを脱毛してから毛質もやらかくなってきて、以前と比べてだいぶ減ってきています。肌もよくなっているので購入して本当によかったなと思います。」(31歳 / 男性)

【最安値】ケノンの公式通販サイト

■備考:支払い方法 月々3,000円~の分割払い可能
※ケノン公式サイトで購入すると「3,000円クーポン」「まゆ毛脱毛機能」などのお得な特典あり。標準装備のカートリッジに、「エクストララージ」「新型ストロング」のヘッドが付いてきます!

第2位 レイボーテRフラッシュ

ハンディタイプ最高のハイパワー、ハイスピード👌

レイボーテRフラッシュ

  • 価格:48,800 (税抜)
  • 方式:フラッシュ脱毛
  • 出力:1~5段階
  • 連射:ローラータイプ
  • 痛み:
  • 製造:日本

ローラータイプで早い!

レイボーテRフラッシュの最大の特徴は、0.2秒間隔の高速連射が可能な「インテリジェントローラー」。両腕の処理がたった31秒、全身でも5分で脱毛を完了できます。

ローラーが回転すると、それを感知して光が照射されるようになっているため、ローラーを転がすだけで光を連射することができます✨

ただし、一度に連続で使用できるのは10分間。

また、ケノンよりも安いですが、照射回数はケノンよりも少ないため、使い勝手やコストパフォーマンスという面を考えるとケノンの方がコスパがよいでしょう😢

+ レイボーテRフラッシュの愛用者の口コミ

  • 「二ヶ月目ぐらいで効果を実感しました。ローラータイプなので、肌の表面を転がす感じで光をあてるだけで簡単でした。しっかり脱毛したら自己処理しなくてもよくなったので満足です。」(29歳 / 女性)
  • 「2週間に一度の間隔で脱毛していって、半年ぐらいでかなり薄くなりました。部位によってはかなり早く終わりますが、少し本体が重たいことと、10分したら休憩をいれないといけないのが面倒。」(33歳 / 女性)
  • 「産毛のような薄い毛には効果がでやすかったのですが、ビキニラインの太い毛は同じ回数でもまだ生えてくる。ただ、痛みも少ないので自宅で脱毛できるので買ってよかったです。」(24歳 / 女性)

【最安値】レイボーテRフラッシュ

フラッシュ式以外ではレーザー式のトリアもありますが、痛みが強い ので断念する人も多いようです💓

サーミコン式では、ヤーマンが販売している「ノーノーヘア」があります。毛を焼いているだけで脱毛の効果はありませんが、一時的に処理したい人には良いでしょう😰

長期的に考えてしっかり脱毛したい方は、やはりケノンがおすすめです✨

実際にケノンを使って脱毛した体験談

私も1年前に家庭用脱毛器「ケノン」を購入して、脇・腕、膝下、Vラインと全身を脱毛しました💓

ケノンで脱毛しました。

ケノンで脇脱毛

脱毛器を使う前はカミソリで剃り、結婚式や大事な時だけ毛抜きで抜いていました。

でも、肌が弱くてときどき赤くなることがしばしば😅

脱毛サロンに行こうと検討しましたが、毎月通うのも面倒だしお金もかかる、ということで断念😪

そこで、いろいろな脱毛器を買って試してみましたが、効果がなかったり、痛くて我慢できなかったりして結局ほとんど使用していません。

脱毛器は価格で選ぶと失敗します。
私はさまざまな脱毛器に手を出し、結局最後にケノンにたどり着いたのですが、最初からケノンにしておけばとよかったと今でも後悔しています・・・。

ケノンは他の脱毛器と比べても、使いやすさ、効果、光の強さを調節できることも含めて一番おすすめ😍

ケノン体験写真

ケノン体験写真

毛穴が引き締まっているのが分かるでしょうか。

私自身、ケノンの効果は期待以上で驚きました!

ケノンで脱毛すると、毛穴の引き締め効果や美肌効果もあり、継続して使っているとスベスベした肌になっていくのが実感できます。

ワキ脱毛ビフォーアフター

ワキ脱毛ビフォー・アフター2

これらはどちらもケノンを使用した人の脱毛前と脱毛後の写真です。

ツルツルですよね。ケノンは少し高めですが、効果は確かなのがよく分かります。

サロンに行けば何十万もかかることを考えると、家で脱毛し放題で69,900円はとてもリーズナブル💓

口コミでも大満足の声が多く見られます。

彼氏や旦那さん・お子さんともシェアして使えるし、1照射あたりのコスパも他の脱毛器に比べて安いので、コスパ面でも非常にお得です。

ケノンが他の家庭用脱毛器と比較して優れている点をまとめると以下のようになります。

  • 脱毛効果はもちろん、毛穴引き締め効果でスベスベ肌になれる!
  • 照射範囲も広いからスピーディー&使い安さ抜群!
  • 照射のレベルが調節できるから、肌が弱い人、痛みに弱い人にもおすすめ!
  • コスパが圧倒的に良い!

ケノンの公式キャンペーン

公式サイト 超スピード脱毛器具 - 家庭用脱毛器「ケノン」公式ショップ

 

家庭用脱毛器があれば自分で脱毛!自分で脱毛できるメリット5つ

最後に家庭用脱毛器のメリットとデメリットをまとめました。

まずは、メリットからみていきましょう。

メリット1家庭用脱毛器があれば、いつでも脱毛できる

気になったらすぐ脱毛できる

家庭用脱毛器のメリットは、自分の都合のよいときにいつでも脱毛できるということでしょう。

脱毛クリニックや脱毛サロンでは、事前に手続きが必要で、その都度予約を取らなければなりません。

わざわざ通わなければならないのも結構面倒なもの。特に脱毛サロンは、数年かかることもあり、途中でやめてしまう人も多いようです。

引っ越しや転勤・転職などもあるかもしれないので、契約には思い切りが必要。

家庭用脱毛器は一度購入してしまえば、自分のタイミングで脱毛ができるのが最大のメリットです。

メリット2家庭用脱毛器があれば、駆け込み脱毛OK?

脱毛器を使うと一時的にムダ毛が抜け落ちます。脱毛途中であっても、いったんムダ毛のない状態を作り出せることに。

旅行やお泊りに合わせて、事前に計算して脱毛をすれば、ムダ毛のない状態でその日程を迎えられます。

どれくらいの期間でムダ毛が抜け落ちるのかは、体質や脱毛器の出力によって異なるので、何度か実際に試しておくと良いでしょう。

メリット3家庭用脱毛器なら、サロンに行く手間がかからない

面倒くさくない

セルフ脱毛をすれば、わざわざエステサロンに通う手間がありません。

大手脱毛サロンやクリニックは人気があるだけに予約が取りにくいことも。2ヶ月に1回通うとなると、せっかく予約を入れても直前に仕事や他の約束と重なり、日程を変えなければいけないこともあるでしょう。

人気サロンであればあるほど込んでいて、さらに予約が先延ばし・・・・ということもあるかもしれません。

家庭で脱毛すれば、自分の都合の良いときに脱毛できるのでとても便利!好きなときにできるので、予約がとれないというストレスがありません。

メリット4家庭用脱毛器なら、追加料金や強引な勧誘がない

勧誘されたら不安

自宅で脱毛すれば、脱毛器以外の料金はかかりません。

脱毛サロンでは、他のサービスや化粧品を追加購入しなければならないこともあります。強引なセールスはしないと公式ページにあっても、行ってみるとムリな勧誘があることも。

料金システムも複雑なので、いつの間にか結構な金額を支払っていた・・・という口コミもみかけますが、家庭用脱毛器で脱毛すれば、そんな心配もありません。

メリット5家庭用脱毛器なら、全身脱毛のコスパ良好!

コスパがいい

家庭用脱毛器はコスパの面でも脱毛エステより良いといえるでしょう。

脱毛エステなどは、脱毛したい面積が広くなればなるほど高額になりがち。全身脱毛ならば、数十万円にもなります。

家庭用脱毛器は、安いものは1万円台から、高いものでも十万円未満で購入できます。もちろん全身脱毛できるので、コスパは脱毛サロンよりも◎。

家庭用脱毛器をのデメリット4つ

では、次にデメリットをみてみましょう。

デメリット1:生え変わり時期の見極めが難しい

フラッシュ式の光脱毛は、体毛の生え変わりサイクル(毛周期)に合わせて脱毛する必要があります。ですが、自宅で脱毛する場合は、自分でこのサイクルの見極めをすることはとても困難です。

hiercycle

光脱毛で効果があるのは、成長期の毛のみ。成長が終わった毛やこれから成長する毛には効果が期待できません。

脱毛クリニックや脱毛サロンならば、経験のある施術者が脱毛のタイミングなどをアドバイスしてくれるので、効率的に脱毛することができるでしょう。

デメリット2:脱毛サロンの方が効果的に脱毛できる

家庭用脱毛器は小型なので、どうしても業務用の脱毛器よりも出力が劣ります。その分、脱毛効果も低くなってしまいます。

さらに、サロンでは痛みや熱を軽減するため、ジェルを塗ったり、脱毛と同時にクールダウンできる脱毛器を使用したりするなど工夫がされているところがほとんど。

家庭用脱毛器を使う場合は、凍らせた冷却ジェルなどを使用し自分で対策をする必要があります。

デメリット3:家庭用脱毛器はI.Oラインや背中など手が届かない!

家庭用脱毛器は、手が届かない部位や見えないところの脱毛はできません。

背中は手が届かないので、自分ですべてを脱毛することは難しいでしょう。

VIOは手が届いても見えないうえに、皮膚がとてもデリケート。強い痛みを伴いやすく、肌トラブルにもなりかねないので、自分で脱毛することはおすすめしません。

背中やVIOを脱毛したいひとは、その部分だけプロにまかせてみるものひとつの方法です。

デメリット4:家庭用脱毛器は根気が必要

家庭用脱毛器で全身の脱毛にチャレンジするならば、はじめは根気が必要です。

初めて脱毛するときは多少痛みを伴うことがあり、氷で冷やしながら行うなど手間がかかることも。腕や脚は施術がしやすいのですぐに終わりますが、全身となるとそうはいきません。

次第に毛が薄くなってくると痛みも感じなくなり、脱毛にかかる時間も短くなっていきますが、はじめは少し手間取るでしょう。

また、脱毛器の機種によっては、光を当てた後に次のエネルギーを貯めるまで数秒かかるものもあります。照射する範囲の小さい脱毛器だと、思った以上に時間がかかるのでイライラするかもしれません。

家庭用脱毛器はコスパ◎!デメリットの確認も忘れずに!

お問い合わせ窓口

家庭用脱毛器は自分の好きなときに必要な部位を脱毛できるのでとても便利。脱毛サロンなどに通うよりもコストを抑えることができます。

ただし、手の届かない部位や、VIOなど肌トラブルを起こしやすい場所もあります。メリットだけではなく、デメリットもきちんと把握し、自分に最適な機種を選ぶようにしましょう。

脱毛器ランキングを見る

更新日:

家庭用脱毛器 ランキング

Copyright© 脱毛器おすすめランキング2020!脱毛器マニアが価格や効果を徹底比較 , 2020 All Rights Reserved.