家で永久脱毛ができたらいいよね。剛毛の私が人気の脱毛器を使ってみました。比較レポートみたいなサイトです。よろしかったら参考にしてねジョリジョリ。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器といっても種類がいくつかあります。

主に、レーザー方式・フラッシュ方式・サーミコン方式、バジル方式のといった種類ありますが、
他にも美容器や泡脱毛といった種類もあります。

それぞれの効果や使い方、特徴などを理解し、自分が求めている脱毛器を選んでください。

脱毛の方法って、どんなもの?

現在のトレンド、フラッシュ式

現在の脱毛の主流は光脱毛という手法です。
「フラッシュ式」とも呼ばれてます。
「フラッシュ式」は、肌に器具を当て強い光を発し、その光の熱により、毛根にダメージを与えます。
一回の施術で毛根を焼き殺すことは不可能で、必ず数回~数十回繰り返し、光による熱でダメージを与えないといけません。
医療脱毛とも呼ばれる、病院で行われる光脱毛の施術は高出力が可能です。
細胞に直接影響を与えられるのは、医師免許がないと許されません。
ですから、医院で受ける脱毛効果が最も高いのです。
医師による指示のもと行われるので、痛みが強い場合は麻酔を使用も可能。
肌にトラブルや、万が一ヤケドのような症状が出ても、医学的なケアも受けられます。
脱毛と同時に、アンチエイジングや美容の治療を受けることもできます。

エステサロンもフラッシュ式の光脱毛が広く行われています。
脱毛のしくみは、基本的には医療脱毛とは同じで、光の熱により細胞にダメージを与えます。
しかし、脱毛器の出力が低めです。
これは、人体に直接的な影響を与える行為は、医師免許がなければできないためです。
ですから、正確には「細胞にダメージを与える」というよりは、「刺激を与える」と言ったほうが良いかもしれません。
その分エステ脱毛では、低出力で何度何度も回数を重ねることで、脱毛を可能にします。
その回数は、体質やムダ毛の部位にもよりますが、十回、二十回とかなりの根気が必要です。
数年にも渡りエステに通い続ける労力が必要で、期間が長くなればそれだけ料金も高額になってゆきます。

家庭用のフラッシュ式、光脱毛も、エステ脱毛と同じく低出力です。
家庭用の脱毛器はエステサロンの物より小型ですから、それだけパワーが小さいものもあります。

光脱毛以外にも、一般に知られた脱毛方法もあります。

脱毛の定番、レーザー式

「レーザー式」は、一昔前までは主流でした。
脱毛と言えばレーザーのイメージがまだ強く残っています。
レーザー式脱毛はその名の通り、レーザ光を使って毛根にダメージを与えます。
高出力のレーザーを使用するには、医師免許が必要です。
そのため、医院でのみレーザー脱毛の施術が受けられず、限られた場所しか窓口がないのが難点です。
また、フラッシュ式の光脱毛よりも、痛みを強く感じる人も多いようです。
要因はいくつかあるでしょうが、光脱毛は面でフラッシュを受けますが、レーザー脱毛はポイントで刺激を受けることも一つにあります。
ですから、レーザー脱毛は、麻酔とともに使用されることも多いのです。

また、医療脱毛では光脱毛とレーザー式脱毛の両方の方式をミックスして行う医院もあります。
体の表面の凹凸や、箇所に合わせて使い分けをします。
撃ち漏らしのリスクも減り、適切な施術が望めます。
医院によって治療内容は違いますから、事前に問い合わせが必要です。

また、低出力ではありますが、家庭用のレーザー式脱毛器も存在します。
レーザー式の家庭用脱毛器は、脱毛効果が高く口コミも上々。
脱毛効果は高い反面、レーザーという性質上、一度にレーザーを打てる面積が狭く、脱毛に時間が掛かってしまうのが難点です。
こちらも、光脱毛器とレーザー式脱毛器の両方があるのが、ベストです。

毛を焼き切る、サーミコン式

「サーミコン式」と呼ばれる、熱線で毛根にダメージを与える方法もあります。
こちらは、フラッシュ式やレーザー脱毛の、光を使って脱毛するものと根本的に違います。
サーミコン式は、機械の肌に当たる面にある熱線により、ムダ毛を焼き切るのです。
しかし、ムダ毛を焼くだけで、毛根にアプローチしているわけではありません。
ですから、「脱毛」ができる機器ではないということが、ポイントです。
サーミコン式は、日々のムダ毛処理による肌へのダメージを軽減します。
毎日シェーバーでムダ毛を処理をしていると、肌まで傷めてしまい、トラブルの元になります。
サーミコン式は肌に直接触れないので、肌を傷めずムダ毛処理ができるんです。
サーミコン式は、昔からあるもので、根強い人気があると言えます。

リーズナブルに手に入るのも魅力の一つです。

最新のエステ脱毛、バジル方式

「バジル方式」は、「ハイパースキン脱毛」と呼ばれています。
エステサロンの施術で採用されている例が多く、美肌や美容を謳っているものもあります。
フラッシュ式やレーザー式の従来の脱毛とは異なります。
従来の脱毛ですと、すでに生えてる黒い毛に反応し、熱で焼ききってしまうイメージでした。
しかし、ハイパースキン脱毛は、これから生えてくる毛にアプローチをします。
これから生える毛を抑制しますが、今生えている毛はそのままです。
とても肌に優しく、痛みや熱もほぼ感じません。ほんのり温かくなる感じと表現されます。
その分、脱毛の効果はゆっくりとしか現れないのが特徴です。
ですから、従来のエステ脱毛を知っている人がハイパースキン脱毛を受けると、毛が抜けないので、効果がないと感じてしまうこともあります。
事前に、ハイパースキン脱毛について、きちんとサロンで説明を受けましょう。
従来の脱毛の痛みに耐えられなかった人には、朗報でしょう。

家庭用脱毛器マニアの比較レポート|2chや口コミでおすすめ脱毛器

「家庭用脱毛器の種類」に関する記事一覧

ノーノーヘアの特徴と使い方!評価が低い理由

ノーノーヘアは、「剃らない技術」を売りにしています。 剃らない技術というのは、ム …

パナソニック光エステは永久脱毛できない?使い方や効果について

「パナソニック光エステ」という商品を紹介したいと思います。 自宅で簡単に脱毛でき …

トリア脱毛器 4Xの効果は?価格・使い方・痛みについて

トリアというものをご存知でしょうか。 トリアとは、「トリア・パーソナルレーザー脱 …

ケノン脱毛器の効果とは?使い方・痛みをまとめました

見た目がオシャレで効果が高いと人気の家庭用脱毛器ケノン。 しっかりケアすることで …