ヤーマンから発売されている家庭用フラッシュ脱毛器「レイボーテRフラッシュ」。使いやすさや効果をケノンと比較しました。

レイボーテRフラッシュの使いやすさや効果についてケノンと口コミを比較

レイボーテRフラッシュ

サロンで脱毛すると、料金が高いし人に肌を見られるのは恥ずかしい、なかなかサロンに通う時間がないなど、色々な理由で家庭用脱毛器が気になっている人は少なくありません。

しかし、家庭用脱毛器の価格帯はさまざまで、効果があるのかも心配という人もいることでしょう。

そこで、この記事では美容機器大手メーカーであるヤーマンが2017年3月に発売した「レイボーテRフラッシュ」について徹底的に調べてみました。

レイボーテRフラッシュの効果維持費使いやすさ痛み人気のケノンと比較してどうなのかなど、家庭用脱毛器を検討する上で気になる点を徹底的に解説していきます。

 

レイボーテ Rフラッシュ | ヤーマン公式通販|美容家電のパイオニアヤーマン株式会社
https://www.ya-man.com/brand/rei-beaute/lp/rflash/

家庭で簡単に脱毛ができる「レイボーテRフラッシュ」ってどんな脱毛器なの?

 

美容家電のパイオニア「ヤーマン」が企画・開発している家庭用脱毛器

レイボーテRフラッシュを発売しているヤーマンは2018年で40周年を迎える、美容家電のパイオニアと呼ばれるほど大手美容機器メーカーです。

レイボーテシリーズで現在販売されているのは、「レイボーテグランデ」、「メンズレイボーテ」、「レイボーテプラス」、「レイボーテⅢ」、「レイボーテエクストラ」、「レイボーテスピーディ」、そして最新の「レイボーテRフラッシュ」の7種類です。

他のメーカーの家庭用脱毛器やサロンで使用されている脱毛器の中にも、中国製などの外国で作られているものは少なくありませんが、レイボーテRフラッシュは純日本製なので安心できます。

レイボーテRフラッシュの効果

また、日本人の肌質に合わせて企画・開発された特殊波長の光を使用して脱毛するため、脱毛効果が高いだけでなく、美肌効果も得られます。

さらに、誤操作を防ぐためのタッチセンサーも内蔵されているので、脱毛初心者でも安心して使用することができます。

美容家電のパイオニアだからこそできる、充実した安全と安心を兼ね備えている家庭用脱毛器といえます。

0.2秒間隔の高速連射が可能な「インテリジェントローラー」搭載

インテリジェントローラー

従来の家庭用脱毛器は1発ずつ照射されるため、照射しては動かして、また照射するという作業を繰り返さなければならず、脱毛に時間がかかっていました。

しかし、このレイボーテRフラッシュにはローラーが回転すると、それを感知して光が照射されるようになっているため、ローラーを転がすだけで光を連射させられます。

 

そのため、両腕でたった31秒、全身でも5分で脱毛を完了させることが出来ます。

 

仕事や子育てなどで忙しくて、なかなか脱毛に当てられる時間が少ないという人には、この高速連射が可能になったレイボーテRフラッシュはおすすめの家庭用脱毛器です。

 

レイボーテRフラッシュって効果があるの?

レイボーテRフラッシュの使い方ですが、使用する頻度の目安は、最初の2か月は2週間に1回、3か月目以降は4~8週間に1回です。

現れる効果には個人差がありますが、レイボーテRフラッシュには脱毛サロンでも使用されているキセノンフラッシュが採用されているため、サロン脱毛後と同じく、照射後1週間ほどで毛が抜け落ちるようになり、徐々にムダ毛の生えてくる周期が遅くなり、生えてくる毛も徐々に細くなっていきます。

脇脱毛の効果

v

また、レイボーテRフラッシュは日本人の肌質に合わせて独自に開発されたもので、日本で製造されているものなので、特に日本人には効果が出やすく、安心して使用することができるものです。

口コミをみても、レベル3からレベル5で照射した際にはサロンにも劣らないレベルの効果を実感できると、効果に対する満足度は高いようです。

その分、照射後は照射箇所をしっかり保湿して肌を守ってあげるようにしましょう。

 

レイボーテRフラッシュって使いやすいの?

レイボーテRフラッシュの3つモード
レイボーテRフラッシュには、3段階のローラーモード5段階のシングルBODYモード3段階のシングルFACEモードという3種類のモードがあります。

腕や足などの広範囲を照射する時には高速連射が可能なローラーモードを使用し、VIOゾーンなどの部分的なケアをしたい時にはピンポイントの照射が可能なシングルモードを使用するなど、照射箇所に合わせてモードを切り替えることが可能です。

モードの切り替えもグリップを倒すだけでとても簡単です。

ローラーモードのレベル1で照射する場合は0.2秒間隔の高速照射が可能ですが、レベルが上がるにつれてその間隔は長くなり、シングルモードのレベル5では次の照射までに5秒掛かります。

レイボーテRフラッシュは一度に連続で使用できるのは10分間、その後10分間休ませるとまた10分間連続使用できます。

照射箇所に合わせてモードを切り替えることで照射漏れを防ぎ、丁寧に脱毛することができます。

使用する際の注意点としては、照射される光が眩しいので、サングラスを掛けて施術を行うようにすると、目へのダメージを軽減させることができます。

レイボーテRフラッシュは全身に使用することができますが、傷跡などの色の濃い部分や眼球、まぶた、目の周り、ニキビ、シミ、ホクロ、眉、額、頭髪、日焼けしている部分は避けて照射するようにしましょう。

黒い色素に反応するという特性があるので、火傷の原因となってしまいます。

 

レイボーテRフラッシュの痛みはどうなの?

脱毛器というと気になるのが痛みです。

レイボーテRフラッシュには照射の強さがレベル1~レベル5までありますが、レベル1とレベル2は温かさを感じる程度で、痛みはほとんどありません。

そのため、肌が弱くて心配という方でも安心して使用することができます。

痛みを抑えている

レベル3~5へと光の威力が強くなるにつれて、ピリッとした痛みを感じるようになります。

痛みの感じ方や肌の強さは人によって異なるので、痛いと感じたら我慢せずにレベルを下げて照射するようにしましょう。

 

レイボーテRフラッシュはどれくらい維持費がかかるの?

 

レイボーテRフラッシュの本体価格は51,840円(税込)です。

家庭用脱毛器で人気のケノンの本体価格が69,800円(税込)なので、単純に本体価格だけを比較すると、レイボーテRフラッシュの方が約18,000円安いことになります。

では、レイボーテRフラッシュの維持費はどれくらいかかるのでしょうか。

レイボーテRフラッシュの寿命

レイボーテRフラッシュの照射回数はレベル1~5があるうちのレベル1を使用した場合、最大25万回の照射が可能です。

照射のレベルが上がるにつれて照射可能回数は減少します。

照射回数がいっぱいになったら、替えのカートリッジを購入して、カートリッジを取り換えることで引き続き使用することができます。

替えのカートリッジは9,720円(税込)です。

 

参考までにケノンの照射回数は最大100万回、カートリッジはストロングカートリッジやスキンケアカートリッジなど全部で5種類のカートリッジがあり、照射回数は8万5千~20万回、価格は6,800~9,800円です。

本体と同時購入することでカートリッジの価格が割引になるので、必要なものは本体と一緒に購入するとお得に購入することができます。

 

レイボーテRフラッシュは本体価格もケノンと比較すると安いですし、カートリッジが1種類ということで、維持費という面ではケノンよりも安く抑えることができます。

 

一番売れている家庭用脱毛器「ケノン」と比較するとどうなの?

前の項目で少し比較しましたが、気になるのが人気のケノンと比較してレイボーテRフラッシュはどうなのか、ということです。

そこで、それぞれの脱毛器の特徴や実際に使っている人の口コミなどを比較してみましょう。

レイボーテRフラッシュとケノンの特徴を比較

以下のようにレイボーテRフラッシュとケノンの特徴を表にして比較してみました。

 

レイボーテRフラッシュ ケノン
価格 51,840円(税込) 69,800円
替えカートリッジの価格 9,720円(税込)

全1種類

6,800~9,800円(税込)

全5種類

照射回数 最大25万発

(レベル1の場合)

最大100万発

(レベル1の場合)

照射威力 ランプ1本 ランプ2本
痛み ピリッと感じる程度 ピリッと感じる程度
対応する肌質 敏感肌には使用不可 敏感肌モードがあり

全肌質に対応

ハンドピースの重さ 360g 120g
連続使用可能時間 10分間 時間制限なし
照射面積 3.9㎠ 9.25㎠
照射後の冷却 必要なし 必要

 

本体価格や替えカートリッジの価格だけを単純に比較するとレイボーテRフラッシュの方が安くなりますが、使い勝手やコストパフォーマンスという面まで考えるとケノンに勝算があります。

ケノンには敏感肌モードが搭載されていて、敏感肌や肌が弱いという人でも使いやすくなっています。

また、照射範囲や照射回数も多いため、一発当たりのコストもレイボーテRフラッシュが0.2円なのに対してケノンは0.06円と約1/3のしかかかりません。

また、照射威力もレイボーテRフラッシュはランプ1本で照射するのに対してケノンはランプ2本ですし、搭載されているバッテリーの数もレイボーテRフラッシュは1個なのに対してケノンは4個も搭載されています。

そのため、脱毛の効果を感じやすいのはケノンといえるでしょう。

さらに、ハンドピースの重さもレイボーテRフラッシュはハンディタイプのため360gなのに対して、本体とハンドピースが別になっているケノンは120gと1/3の重さです。

全身脱毛をしようと思う場合、長時間ハンドピースを持つことになりますので、腕の疲れを考えるとケノンの方が使いやすくなっています。

しかし、レイボーテRフラッシュにもケノンよりも勝っている点はあり、面倒なカートリッジの交換をせずに産毛などの細い毛も脱毛できたり、美肌ケアができたりします。

さらに、レイボーテRフラッシュには冷却機能が搭載されているため、照射後に照射箇所を冷やす必要もありません。

そして、なによりもレイボーテRフラッシュには高速連射モードがあります。

これはケノンにはない特徴です。

そのため、脱毛時間を大幅に短縮することができ、忙しい人には最大の魅力となる特徴です。

 

レイボーテRフラッシュとケノンの口コミを比較

レイボーテRフラッシュとケノンを実際に使っている人の口コミも比較してみましょう。

レイボーテRフラッシュ ケノン
使いやすさ ・本当に連続照射ができたのはレイボーテRフラッシュだけでした。これが、決め手で購入することにしました。全身をストレスなく照射できるので続けやすいと思います。

・ローラーがついていてコロコロと転がすだけでお手入れができるので使いやすいです。使用する部位に合わせてモードを選べるところも気に入っています。

・フェイスに使用するときはグリップを倒すので、自分でも当てやすいです。段階調節もでき、肌タイプに合わせて使用できるのも素晴らしいです。1台で体も顔もマルチに使用できるものすごいと思います。

・カートリッジを付け替えられるので、家族で使いまわせます。共同購入したので、一人当たりの負担も少なくて済みました。

・1回照射するごとに充電のため2,3秒待たなければいけないので面倒くさいと思う時があります。冷やすのも手間だなと感じます。でも、サロンと違い人に見られることもありませんし、自分のペースでやれるので気に入っています。

・ケノンはコンパクトなので持ち運びがしやすく、使いやすいです。

効果 ・ローラーモードのレベル3でも十分なパワーです。シングルモードのレベル5はサロン脱毛に劣らないレベルで満足しています。

・照射した感覚はサロンのものと差を感じませんでした。使用して2か月で腕の毛はほとんど生えてこなくなりました。足やヒザもだいぶ薄くなってきています。

・月に3回使用しています。もともと毛が濃くなかったところはツルツルになりました。剃刀を使う頻度が減ったので、肌のキメも細かくなって、乾燥することもなくなりました。

・週に1回、4か月間デリケートゾーンとお腹周りを照射しました。4年経った今でもほとんど生えていません。

痛み ・痛みはほとんどなく、照射も簡単にできます。

・痛みもなく、自宅で好きな体勢で、好きなタイミングで肌に負担を掛けずにお手入れできるところが気に入っています。

・デリケートゾーンに照射しても痛みはありません。効果もきちんと出ています。

 

レイボーテRフラッシュとケノンの口コミを比較すると、どちらも痛みはほとんどないことが分かります。

使いやすさの面では、レイボーテRフラッシュは高速連射を気に入って使用している方が多いことが分かります。

冷やす必要もありませんので、とにかく脱毛にかける時間を短縮したいという人にはレイボーテRフラッシュが人気のようです。

ケノンはカートリッジを付け替えることで複数の人と使いまわすことができることや、ハンドピースが軽く使いやすいというところが人気のようです。

効果の面では、レイボーテRフラッシュも効果に満足している声が多く見られましたが、なかには剛毛で効果をあまり感じられなかったという声もありました。

ケノンは照射威力が強いということもあり、照射直後だけでなく数年後にも効果が持続しているという声もあり効果の面ではケノンの方が満足度は高そうです。

 

レイボーテRフラッシュについてのまとめ

 

美容家電のパイオニア、ヤーマンから発売されている「レイボーテRフラッシュ」を徹底的に解析してきましたが、いかがでしたか?

レイボーテRフラッシュの最大の特徴は「ローラー」×「高速照射」です。

レベル1だと0.2秒間隔という超高速で連続照射することができるため、大幅にお手入れの時間を短縮することが可能になりました。

また、ハンディタイプでヘッドを曲げるだけでローラーモードとシングルモードを切り替えることができ、カートリッジを付け替える必要なく、1台でマルチに活用することができます。

レイボーテRフラッシュの光には脱毛効果だけでなく、美肌効果があるのも魅力の一つです。

家庭用脱毛器で人気の高いケノンと比較するとそれぞれにメリット、デメリットがありますから、自分にとってどのような特徴があれば使い勝手が良いのかを見極めるようにすると良いでしょう。

レイボーテの商品情報

商品名 レイボーテ Rフラッシュ
販売価格 48,000円(税抜)
外形寸法 約W202xD63xH53 (mm)
質量 約360g(ランプヘッド含む)
製造国 日本
消費電力 待機時約6W(瞬間最大約45W)
付属品 ACアダプター

まだ「レイボーテRフラッシュ」への口コミ・感想の投稿はありません。

レイボーテRフラッシュを飲んだことがある方、現在レイボーテRフラッシュを飲んでいいる方の口コミをお待ちしております。

レイボーテRフラッシュの感想・口コミ・レビュー投稿フォーム

お名前(ニックネーム可):

年 齢: 歳

評価おすすめ度:

口コミのタイトル:

※レイボーテRフラッシュの口コミ・感想をご記入ください。これからレイボーテRフラッシュを試したい方に参考になるような意見をお待ちしております。

レイボーテRフラッシュの評価は、 5.0点満点中 0点です。現在件の口コミが寄せられています。

投稿日:

家庭用脱毛器 ランキング

Copyright© 家庭用脱毛器マニアの比較レポート|2chや口コミでおすすめ脱毛器 , 2017 All Rights Reserved.