家で永久脱毛ができたらいいよね。剛毛の私が人気の脱毛器を使ってみました。比較レポートみたいなサイトです。よろしかったら参考にしてねジョリジョリ。

パナソニック光エステは永久脱毛できない?使い方や効果について

「パナソニック光エステ」という商品を紹介したいと思います。

自宅で簡単に脱毛できたら……と考えている人は多いのではないかと思います。
そんな人たちに、自宅で手軽に脱毛できる!と最近人気が高まっているのが、「パナソニック光エステ」です。

でも、実は、パナソニック光エステは脱毛器ではありません
パナソニック光エステは、お肌をつるつるスベスベにしてくれる美容器です。

やっぱり美容器ですから、決して脱毛の効果が高い訳ではないんですね。
評判を聞いて、永久脱毛できると思って買ったら違かった……なんて人も多いです。

脱毛器ではないということを考慮してから、購入するかどうかを考えてくださいね。
でも、永久脱毛はできませんが、正しく使えば、美肌効果だけでなく、脱毛にも役立ちますよ。

大きさはスマートフォンと同じくらいで、ちゃんと軽いので安心です。
長時間持ち上げていても腕が疲れにくいですし、持ち運びもしやすい軽さです。
持つ部分は細めに設計されていますから、手が小さい人でも握りやすいかと思います。
約10万発照射できる長寿命ランプですので、カートリッジの交換もしばらく不要です。

パナソニック光エステには、色が二色あります。
購入する際には、−P(ピンク調)と−S(シルバー調)から、お好きな方のどちらかを選べます。
ピンク調だと、白地に濃いピンクのラインが入っています。
シルバー調だと、白地に白に近いような目立たないシルバーでラインが入っています。
二色しかないのは少し残念ですが、どちらも安っぽい色合いのものではなく、なかなか素敵でいい色だと思います。

パナソニック光エステには、ボディ用と、ボディ&フェイス用とがあります。
効果や大きさはどちらも基本同じです。
ただ、ボディ&フェイス用には、フェイス用アタッチメントが付いてきます。
フェイス用アタッチメントというのは、ボディ用よりも照射範囲が狭いアタッチメントで、本来5.4㎠の照射範囲が2.4㎠になります。
本体の先端部を付け替えるだけで、ぐっと安全にボディ用とフェイス用を使い分けられるんですね。
鼻の下などの細かい部分にも当てやすくなるので、ボディ用でやるよりもお手入れが簡単になります。

また、パナソニック光エステには、充電式と交流式(つまり電源コード式ですね)があって、充電式の場合、コードレスのものもあります。
コードは長めなので、充電式でも交流式でも、性能に特に差はないように思います。
コードが嫌な人は充電式のもの、充電が面倒な人は交流式のもの、というように、好みの方でいいのではないでしょうか。

ただ、充電式だと、クイック充電という機能がついています。
クイック充電とは、10分の充電で約40発照射ができるというもの。
使いたいのに充電するのを忘れていた!充電がない!なんてときにも安心。
手早く使えるので、オススメの機能です。

日本製なので、きちんとした保証がありますし、手続きが簡単です。
外国製だと、主に英語でやり取りしなければいけませんし、日本ではまだ保証されていない製品もありますから、保証の点では日本製の方が楽でしょう。
そこもパナソニック光エステの魅力の一つかもしれません。

パナソニック光エステの使い方について

パナソニック光エステは脱毛器ではありませんから、基本、シェービング後のお肌に使います。
手順は二つです。

1.シェーバーで除毛する

必ずお手入れする部位のムダ毛を先に除毛してください。
除毛せずに使用すると、毛がガードに付着して取れなくなります。
除毛したあと肌に残った毛クズは、きれいに取り除いてから使用してください。

2.光エステを肌に押し当てる

出力レベルを選び、ピッと鳴ったら、フラッシュが発光するまで垂直に押し当ててください。
同じところに何度も当ててもあまり意味がありません。
効果が重なる訳ではないので、できる限り同じところに照射しないように気をつけた方が、早くお手入れが終わっていいかと思います。

お手入れの周期も気になるところでしょう。
腕や脚だと、最初の2カ月は2週間に1回程度のお手入れが必要です。
でも、3カ月目以降は、4週間に1回程度のお手入れで大丈夫です。
両脇やビキニライン、顔だと、最初の2カ月は週に1回程度のお手入れが必要です。
でも、3カ月目以降は、2週間に1回程度のお手入れで大丈夫です。
使えば使うほど、お手入れが楽になっていきます。
もちろん、美肌効果を狙うなら、3日に1回程度にするなど、もう少し頻度を上げてもいいですよ。

5段階のフラッシュ出力設定で出力を調節できるので、初心者にも使いやすいです。
お手入れしたい部位に合わせてフラッシュ出力を5段階で使い分けてみてください。
デリケートな部分をケアするときは低いフラッシュ出力にすれば、安全に、お肌に優しくケアできます。
初めて使用する部位には、Lv1など、まずは低いフラッシュ出力から試してみてくださいね。

パナソニック光エステを使用できるパーツについて

光エステを使用できる部位

脇、腕、脚、ビキニラインなど、様々な部位に使用可能です。
5.4 ㎠の広範囲照射が可能ですので、スピーディにお手入れできますよ。
使用できる毛色は、黒、茶、暗い金色です。
基本は大丈夫かと思いますが、心配な場合は、公式サイトなどで確認してみてくださいね。

光エステ使用できない部位

次のような部位には使用しないでください。
・入れ墨のある部分
 肌のやけど(ケロイド)や炎症(赤くなるなど)の原因になります。
・日焼けした肌
・ほくろなど、暗褐色、または黒色の肌部分
 パナソニック光エステは、色をもとに肌とムダ毛の判断をしています。
 パッケージ背面の「使用出来る肌色の目安」も参照し、安全に使用してくださいね。
・かさぶた、傷、湿疹
・あざ、いぼ、吹出物
・皮膚がん、タムシ(白せん)
・毛のう炎、毛胞炎、かぶれ、虫刺され
・血管腫
・美容整形部位
 肌を傷つけたり、炎症、出血、痛みの増加などのトラブルや症状悪化の原因になります。

などです。
少し多いですが、お肌の安全を守るためですから、しっかり確認してくださいね。
正しく安全に使用して、スベスベお肌を手に入れちゃいましょう!

パナソニック光エステの効果と痛みについて

使い続ければ、約2カ月程度でスベスベお肌になるはずです。
痛みもあまりありません。

ただ、効果・刺激の感じ方には、個人差があります。
フラッシュ出力レベルを上げれば、その分効果は高まりますが、痛みや刺激を感じやすくなってしまいます。
デリケートな部分には、できる限り低い出力でお手入れした方がいいでしょう。

また、部位によっては、あまり効果が見られなかったり、多少の痛みが伴ったりする可能性があります。
使用には十分に注意してくださいね。

やっぱり脱毛の効果で比較したらケノンの方が良いという口コミが多いです。

ケノン脱毛器の効果とは?使い方・痛みについて2ch口コミ

パナソニック光エステの注意点について

注意点として、次のような人は、パナソニック光エステを使用しないようにしてください。
・18歳以下の人
18歳以下の人の身体はまだ成長途中ですので、使用は控えてください。
身体にあまりいい影響を与えません。
・妊娠中の人
妊娠中は、ホルモンバランスが不安定になります。
使用すると、肌トラブルの原因になりますので、使用は控えてください。
・アトピー性皮膚炎、湿疹など、皮膚疾患のある人
・アレルギー体質の人
・化粧品、衣類、金属などにかぶれやすい体質の人
・太陽光で肌が荒れやすい人
肌を傷つけてしまったり、炎症、出血、痛みの増加などのトラブルや症状悪化の原因になります。

また、必ず脇、腕、脚、ビキニライン(ボディ用)、顔(ボディ&フェイス用のみ大丈夫です)だけに使用するようにしてください。

パナソニック光エステの評判まとめ

パナソニック光エステの評判をいくつかまとめておきましょう。

・フラッシュがかなり眩しい
直視しないと危ないのに、眩しくて直視しにくくなってしまうため、サングラスなどをかける必要があるかもしれないそうです。

・痛みはないがヘッドが5分くらいですごく熱くなる
冷ましてからでないと使えないので、冷ます分の時間がかかり、結局あまり短時間では終わらないそうです。

・使うのをやめるとまた生えてくる
完全に生えなくなるような効果がある脱毛器ではないため、忙しいときは毎日お手入れするのが大変かもしれません。

もちろん、他にもいろいろな意見があります。
気になるなら、まずは購入してみてもいいかもしれません。

家庭用脱毛器 ランキング

「パナソニック光エステ」 一覧

Copyright© 家庭用脱毛器マニアの比較レポート|2chや口コミでおすすめ脱毛器 , 2017 All Rights Reserved.