家で永久脱毛ができたらいいよね。剛毛の私が人気の脱毛器を使ってみました。比較レポートみたいなサイトです。よろしかったら参考にしてねジョリジョリ。

脱毛器について

家庭用脱毛器の注意点まとめ

投稿日:

家庭用脱毛器は自宅で気軽に脱毛できるとして人気がありますが、使い方を間違うとヤケドなどのリスクもあります。

高出力であるほど脱毛効果は高いのですが、肌がヤケドのような症状を起こすことがあります。

他にも脱毛器を使うにあたっての注意点がありますので紹介します。

脱毛器を使うときには日焼けしないように!

日焼けに注意

フラッシュ式の光脱毛の場合、光が黒い色に反応して脱毛をします。

脱毛サロンでも、日焼け後の施術は拒否されることが多いように、日焼け直後の肌はヤケド状態で過敏になっていますから、脱毛器でさらに刺激を与えないようにします。

日焼けした肌は、かるい火傷状態になっているので、脱毛器は使えないので、日焼け止めクリームなどで日焼けしないようにしましょう。

施術した日、温かい水でのお風呂を控えるように

脱毛時、熱や痛みを感じることがあります。

一般的に「パチンと輪ゴムを弾いたような」と表現されることが多いです。
激痛でないにせよ、肌が刺激を受けたことには変わりないので、肌が過敏になっています。

もし、ヒリヒリと感じるのであれば、お風呂は少し控えましょう。
デリケートゾーンや肌の薄い部位を脱毛した後、顕著です。

スキンケアをしっかりと!

脱毛後は、しっかりとスキンケアを行います。

全身脱毛をするのなら、全身に保湿ケアをしましょう。

肌が乾燥すると、肌に埋没したまま表面に出てこれない毛が発生します。

埋没毛には、脱毛の効果がありませんから、日頃から掻きだしてやる必要があります。

無理にひっかくと炎症を起こしますから、体を洗う際などに優しく洗剤で洗います。

柔らかいボディブラシで、全身を少しずつ洗うと良いでしょう。

その脱毛、一生後悔しませんか?

V.I.Oラインの脱毛を行う場合、デザインを事前に決めないといけません。

特にVラインは温泉など、裸になったとき他人から見える部分です。

「どうせ脱毛するなら、すべて処理したい」と思う人が多いのですが、冷静に考えてみましょう。

外国ではすべて処理する人も多いそうですが、日本ではまだそこまで意識は進んでいません。
逆に、変な目で見られたり、驚いてジロジロ見られることもあります。

脱毛した後に「脱毛しなきゃよかった」と思っても遅いのです。

事前に、どんなデザインがいいのかよく考えましょう。
パートナーのいる方は、パートナーにも相談しましょう。

肌の黒い部分に注意を!

光脱毛は、光が肌の黒い色に反応して脱毛を行います。
ですから、肌にあるホクロや濃いシミにも反応しています。

サロンでの施術では、ホクロやシミにテーピングをしてくれることが多いのですが、セルフ脱毛だと、そこまで手が回りません。

肌の黒い箇所に何度もフラッシュを当てることで、肌へのリクスもないとは言えません。
セルフで行う時も、ホクロ、シミ、傷跡など、肌の黒い箇所に注意しましょう。

-脱毛器について

Copyright© 家庭用脱毛器マニアの比較レポート|2chや口コミでおすすめ脱毛器 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.