家で永久脱毛ができたらいいよね。剛毛の私が人気の脱毛器を使ってみました。比較レポートみたいなサイトです。よろしかったら参考にしてねジョリジョリ。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためのポイント!実際に使っている方の口コミを元に比較しました

毎日のムダ毛のお手入れ、大変ですよね。

私自身とても毛深いためお手入れは面倒だし、時々肌荒れすることもあるので、思い切って脱毛したいと思いエステでカウンセリングを受けてみたのですが……月額料金は安いけど総額費用で計算すると高いし、何回もサロンに通わないといけないと知ってガッカリ。

一生お手入れするのは面倒くさいし、娘も一緒に脱毛できたらな~と家庭用脱毛器を購入することにしました。

家庭用脱毛器って結構なお値段するんですが、一生お手入れし続けるカミソリ代などの費用や手間を考えたら断然安いんですよね。

購入しての感想ですが「もっと早くに買っときゃよかった!」と後悔するほど感動しました!

さすがに自分では手の届く範囲しか脱毛できませんが、脇も腕も足も、手の指先までツルッツルです★

このサイトでは、どのメーカーさんの脱毛器が良いのか分かりやすく解説していきますので、自分の目で確かめて選んでくださいね!

では早速、各メーカーさんが販売している脱毛器を、売れている順に紹介していきますので、どの脱毛器にしようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

下の方に「脱毛器の選び方」も書いているので、自分にはどの脱毛器がいいのか参考にしてみてください。

口コミで脱毛効果が評判の家庭用脱毛器!人気ランキング

まず初めるにご紹介するのがエムテックさんが販売している 超スピード家庭用脱毛器「ケノン」です。

ケノンシャインピンク

ケノンの公式オンラインショップ

なんと

ケノンは楽天でも254週連続1位を記録した、ものすごく売れている家庭用脱毛器です。

ケノンで脱毛している方の体験談がこちら

(ケノン使用歴 2015/7月から1年6カ月)

以前美容脱毛サロンで両脇の脱毛はしたのですが、自由に気ままに脱毛がしたくて購入してみました。脛や指など細かい部分も思い立ったらすぐ処置できて助かりました。

手はレベル7で7回ほど照射し、今はほとんど生えてくることもなくなりました。

↓↓↓

ケノンで手の甲を脱毛

スネはレベル8で9回しましたがツルツルになりました。

↓↓↓

ケノンで脛を脱毛器

あと思春期の息子の口髭も気になりだしたのでレベル4で4回ほど照射しましたが薄くなったと思います。まだ産毛が生えてきますが、デリケートな部分なのであまり強くはやらず気長に処置したいと思っています。

↓↓↓

ケノンで息子の口周りを脱毛

ケノンは時間や場所を気にせずすぐに使える点がありがたいです。脱毛サロンは何カ月も前から予約したり、なかなか予約がとれなかったり、時間が拘束されてしまうので不便に思っていました。また私だけでなく家族も一緒に使えるので重宝します。

サロンだと施術後のクールダウンとか処置もやってもらえますが、ケノンは自分で使用の前後に保冷材で冷やしてケアしなきゃいけないのと、器具のお手入れをしなければいけないのは少しだけ煩わしいです。Vラインもやってみたいのですがレベルを6以上にすると私は痛みがあってでも8くらいにしないと効果がでにくいという声もきいて、少し迷っています。

(ケノン使用歴 2015/7月から1年6カ月)

2回目に使用した後から、生えてくるのが遅くなった実感がありました。照射後10日くらいすると毛がするっと抜けてきます。
足のすねなど、毛が濃いところのほうが効果が実感できました。

指の毛も生えるスピードが遅くなっているのでお手入れがとても楽になりました。

↓↓↓

ケノンを購入してよかったところは、広範囲に照射できるので二の腕や足も楽に脱毛できます。

カミソリと違って脱毛後にチクチクしません。一番良かったことは、お肌がきれいになったことです。

↓↓↓

仕上がりが綺麗

毛が生えるのが遅くなるので、カミソリを使う回数が減りました。
するとシミのようなものが薄くなってお肌が明るくなり、これまでの自己処理はお肌を傷めていたのだ感じました。
また、私は他メーカーの家庭用レーザー脱毛機も持っているのですが痛くて結局使わなくなってしまいました。
ケノンは濃い毛にあてると少しパチッっとしますが、我慢できる程度なので継続して使うことができました。

照射前と照射後にほてりや火傷をおさえるために保冷剤を使わないといけないのが面倒です。仕方ないのですが。
冬だと寒いので、サボりがちになっちゃいます。続ければ効果はすぐ出ます。

レビュー評価 4以上が多い満足度が高い脱毛器です。

実際に私もこちらのケノンを購入して使っているのですが、何が凄いって

みなさんがおっしゃる通り、効果がすごいんです!

もちろん一回ではツルツルにはなりませんが、2週間~3週間に1回のペースで脱毛してると6回目ぐらいでかなり薄くなりました。

カミソリで剃ってた頃は毛が伸びてきたときに手でなでるとザラザラした感じがあったんですが、ケノンを使って脱毛してると、毛が抜け落ちて生えてくる毛がだんだん薄くなってくるんですよね。

ちなみに私は中学生になる娘と一緒に使っていますが、カミソリ剃ると肌荒れしてたんですがケノンで脱毛してから仕上がりがキレイで娘もかなり満足しています。

息子さんのヒゲの処理にも使っている方もいるみたいですので、一家に一台あるとすごく助かるのではないでしょうか。

その他、ネットの掲示板などでケノンの口コミをみても

  • 使い心地もよく、使い方も簡単!家で簡単に使えるのが良いですね。痛みもなく効果もでて満足です!
  • サロンの格安キャンペーンで脱毛していましたが、予約はとれないし効果も実感出来ませんでしたが、ケノンは自分のタイミングで脱毛できるので効果が出やすい!
  • カミソリで処理してると毎日のお手入れにすごく時間がかかっていました。ケノンで脱毛してからカミソリで剃ることも減ってきているので、トータル的に考えると購入して本当によかったなと思います。
  • 娘が肌が弱くて、カミソリで剃ると肌荒れしてしまうので、ケノンを購入しました。効果がすごくて私も一緒に使っています。

効果に満足している人が多いです。

ケノンは、脱毛サロンで使用している脱毛器と同じフラッシュ式で痛みも強くなく、肌へのダメージも小さいです。ヘッドも大きいので一回の照射範囲も広く、光のレベルも調整可能、また6連ショットなどの機能でお肌に負担少なく、ワキやデリケートゾーン、眉毛、ヒゲと全身を脱毛することができるんですよ。

男性のヒゲにも効果があるので、カップルで使ったり、家族みんなで使用できるとさらにお得ですね。また、カートリッジを交換して、美顔器としても使える点もケノンを選ぶ一つのポイントですね。

■通常価格 98,000円
■特別価格 69,900円(税込)
■支払い方法 月々3,000円~の分割払い可能

※ケノン公式サイトで購入すると「3,000円クーポン」「まゆ毛脱毛機能」などのお得な特典あり。標準装備のカートリッジに、「エクストララージ」「新型ストロング」のヘッドが付いてきます!

ケノン公式販売サイトで詳しくみる

レーザー脱毛トリア

トリアはケノンと違ってレーザー式になります。

フラッシュ式よりレーザー式の方が効果が高いと言われていますが、ヘッドが小さく照射範囲も小さいのであちこち脱毛しようとなると時間がかかりますし、何よりレーザー式って痛いんですよね。

聞いた話ですが、サロンで脱毛したけどまだ生えてくる毛があるという方におすすめみたいですね。

ケノンに比べて購入価格は安いのですが、電池交換が約2万円かかったり、維持費も含めて考えたらケノンの方がお得です。

レーザー脱毛器を使用している方の口コミをみると

  • 毛一本ずつ当てていくので時間がかかって面倒くさい
  • 痛すぎて使えない
  • 使わなくてもバッテリーは消耗するし、久々に使おうと思ったら動かなかった

というように、あまり評判がよくありませんでした。

ケノンとトリアでどっちにしようか迷っている方も多いと思いますが、私の経験からもみなさんの口コミを見ても失敗したくないと思ったら断然ケノンがおすすめです。

他には、フラッシュ式、レーザー式以外には、ヤーマンさんが販売している「ノーノーヘア」もありますが、ただ毛を焼いているだけなので脱毛の効果はありません

一時的に処理したい方には良いかもしれませんが、長期的に考えてしっかり脱毛したい方は、ケノンが良いでしょう。

市販の脱毛器の種類 満足度を比較

脱毛器 ケノン トリア 光エステ ソイエ ノーノーヘア
メーカー エムテック トリア・ビューティ・ジャパン パナソニック パナソニック ヤーマン
脱毛の種類 フラッシュ脱毛器 レーザー脱毛器 光ケア(美容器) 泡脱毛 サーミコン式
満足度 ★★★★★ ★★ ★★ 毛抜きと同じ 毛を焼き切るだけ

先程もいいましたが、本体価格で比較するとケノンは他より高く感じますが維持費や効果も含めると一番コスパが良い脱毛器のは間違いありません。

それに、継続して使って行くことを考えたら、使いやすさなど使用感もすごく大事ですよね。
満足度を見ても分かるようにケノンは使いやすいので気軽に使うことができます。

エステに何十万もかけて脱毛するより、一家に一台脱毛器を購入した方がお得だと私は思います。

ちなみに市販で購入できる脱毛器には、ソイエやノーノーヘアといったものもありますが、毛を抜いたり、剃ったりすることと同じ仕組みなので、永久的な脱毛効果はありません。

自己処理の手間が省けることを期待するなら、「ケノン」か「トリア」のどちらかになるでしょう。あとは自分の毛質や毛の量、脱毛したい部位などで、自分にあった脱毛器を購入してください。

家庭用の脱毛器っていくつかのメーカーさんが販売しているので、迷っている方が多いと思いますが断然ケノンがおすすめです。

初心者向け脱毛器の結論

面倒くさくない、痛くない、効果もある → 痛みの少ない脱毛器 ケノン

今回、比較した脱毛器は、低価格でありながらも脱毛効果も高い器械なので、最終的には自分の予算と目的に合わせた脱毛器を選んでも後悔はしないと思います。

脱毛器を購入するまえに!

最近はエステサロンの料金も安く通いやすくなってはきていますが、計算すると総額10万以上は絶対かかるし契約した回数で終わらなかったらさらに追加でお金もかかります。私は地方に住んでいるのでエステまで家から遠いんですよね。通うとなったら時間もかかるし、子供の面倒もみないといけないので脱毛サロンには通えないんですよね。

私のように、できるだけ費用を抑えて自宅で完璧に脱毛したいという方には、家庭用の脱毛器を購入するという選択もありだと思います。

選ぶ機種を間違えると、エステで脱毛するよりも高額になる可能性があります!

このサイトでは私の経験から学んだことを、お伝えしたいと思います。また、実際に家庭用脱毛器を使用している方からの口コミも紹介していますよ。

最近は、家電量販店などでも家庭用脱毛器が販売されているのを多く目にします。
種類が多すぎて、「実際のところ、どの脱毛器がいいの?」、「欲しいけど、選び方がわからない!」と思っている方も多いはず。

そんな方々のために、“実際に使ったからいえる「使用して感じたこと」「使い勝手や効果」”等、皆さんが知りたい情報を多数紹介しますので参考にしてくださいね。

それでは早速、家庭用脱毛器の選び方のポイントから解説します。

初めての家庭用脱毛器選びで気を付けるべき3つのポイント

(1)ランニングコストを計算しよう!

ランニングコスト

家庭用脱毛器は、1万円台の低価格のものもあれば、7~8万円と高額なものまで、価格に大きな幅があります。脱毛器を選ぶ時、値段と機能を比較する方は多いですが、実はランニングコストも重要なのをご存知ですか?

ポイント

レーザー式・フラッシュ式の脱毛器の場合

  • 「ピカッ」と一回フラッシュが光るごとに、残りの使用回数が減るシステムで、フラッシュを使い終わるとカートリッジ交換が必要(このカートリッジが案外高額)
  • カートリッジの交換ができないタイプは本体ごと買い替えに!(なんと、使い捨て)

(2)一度に脱毛できる照射面積が重要!

照射面積

家庭用脱毛器は、肌に器械を当てて、ピカッと光を当てることで脱毛できます。
そのため、一度にどれくらいの面積が肌に当たるのかでお手入れにかかる時間と手間が大きく変わってきます。

ポイント

  • 面積が大きいタイプ→少ない回数で広範囲を脱毛可能(お肌への負担も少なく済みます)
  • 面積が小さいタイプ→何度も器械を当てて脱毛(結構手間がかかります)

一般的に、高額の商品は「面積の広さが売り」になっているものが多いのです。
体のどのパーツ(腕?脇?脚?)を脱毛したいのかをよく考え、照射面積の大小の希望を決めましょう。

(3)出力最大パワーはどれくらい?パワー調整はできる?

出力のパワー

一度の照射でどのくらいのパワーが出せるのかも脱毛器を選ぶ大事なポイントです。
光のエネルギーで脱毛ができるのですから、パワーの強さが脱毛効果と関係しています。

ポイント

  • 商品概要をよく読み、最大出力など事前に調べておく
  • パワー調整ができるものとできない脱毛器があるので注意
  • パワーが強過ぎると慣れるまで痛みや熱さを感じて、結果的に痛みが強くて脱毛できないこともあり
  • 肌の薄い部分や敏感な箇所を脱毛する時、パワーの調整ができると便利

最初に紹介したランキングでは、これらを踏まえて順位を決めました。

脱毛は面倒くさい。だから自宅でできるセルフ脱毛が良い理由

ムダ毛処理の面倒臭さから、脱毛を検討している人は多いはず。
ですが、脱毛って案外面倒くさいってご存じですか?

現在では「光脱毛」という、強い光を発することで、熱で毛根にダメージを与える施術が一般的です。
その「光脱毛」の施術を受ける方法は、大きく3つあります。

  • 医療脱毛
  • サロン脱毛
  • セルフ脱毛(自分で脱毛)

医療脱毛、サロン脱毛、セルフ脱毛の違い

医療脱毛とは、病院で医師の指示のもと受ける脱毛で、最も効果が期待できます。
サロン脱毛はエステサロンで受ける脱毛です。医師がいないので、脱毛器の効果が低いものしか使用できません。
そして、セルフ脱毛は、家庭用脱毛機器を使い、自分で脱毛施術を行う方法です。

こう説明しますと、医療脱毛が一番いいと思いますよね?
しかし、そうとは言い切れないんです。

脱毛には時間がかかる!

「光脱毛」というものは、一度で終わるものではありません。
何度も何度も施術が必要で、脱毛を完了するには最短でも丸2年、3年と必要です。
その間、体毛の生え変わり時期に合わせて、数ヶ月ごとに病院やサロンに通う必要があります。
仕事の関係で通うのが難しくなったり、引っ越しや転職で脱毛を断念することもあります。

脱毛には根気が必要です。
ですから、家庭用脱毛器によるセルフ脱毛を選ぶ人がたくさんいます。

家庭用脱毛器なら、自分のタイミングでセルフ脱毛!

セルフ脱毛の最も優れた点は、自分のペースで脱毛ができることです。
空いた時間を見つけ、脱毛したい箇所だけ脱毛をする。
今日はワキだけ、今夜は腕だけと、パーツごとに分けて施術が可能です。
このようなことは、病院や脱毛サロンではできません。
体毛の生えるスピードは、部位によって違いますから、自分にあったペースで脱毛するのが最も効率的です。

脱毛って、恥ずかしいんです!家庭用脱毛器なら恥ずかしくない

また、脱毛は羞恥心との戦いです。
いくら病院やサロンのプロが施術してくれるとは言え、素肌を見せることに抵抗のある人も少なくありません。
特に「V.I.O」や「ハイジリーナ」と呼ばれるデリケートな部位の施術は、かなりの勇気が必要です。
V.I.Oゾーンは、月経があれば施術ができませんから、特に生理不順に悩んでいる方には、スケジュールを組むのも難しいのが実情です。

一方セルフ脱毛は、自らが行う脱毛施術ですから、そのような抵抗やトラブルはありません。

これまでの除毛・剃毛は卒業!これからは家庭用脱毛器

現在、シェーバーや脱毛クリームなどを使用している方が多数です。
小マメに除毛すると、それだけ肌に負担がかかっているのは実感しますよね。
足のスネや、腕の黒ずみや乾燥は、除毛によるトラブルの可能性が高いのです。

いつも自宅でムダ毛処理に使っている時間を、セルフ脱毛の時間にしてみませんか?
数回脱毛器を使用するだけで、効果を感じられますよ。

家庭用脱毛器で永久脱毛できるの?

脱毛で一番気になるのは効果、つまり「永久脱毛できるの?」というところですよね。

正直なところ「人による」としか言えないのがホンネです。
それは、加齢やホルモンバランスの変化により、体質の変化があるからです。
これは医療脱毛やエステ脱毛も同様です。

脱毛完了後も、体調次第でムダ毛が再び生えてくるという点に、家庭用脱毛器のメリットがあります。

脱毛器にもいろいろな種類がありますので、詳しくは「家庭用脱毛器の種類」を読んでください。

光脱毛ってなんだ?

まず、光脱毛のしくみを簡単に紹介します。
光脱毛では毛根にダメージを与え、最終的には毛根の細胞を死滅させます。
家庭用脱毛器では「細胞を殺す」という行為は許されませんから、少しずつダメージを与えます。
ですが、何度も脱毛を続けていると、体毛がすっかり生えなくなるユーザーも多く、実質的に永久脱毛も可能だと言えるでしょう。

体調やホルモンバランスで毛が生えてくることも

しかし、女性の場合は妊娠出産をはじめ、ホルモンバランスの変化により、脱毛したはずの箇所で体毛が生えてくることがあります。
ここで、家庭用脱毛器の登場です。
脱毛器は一度購入すれば、何度でも自分のタイミングで脱毛が可能です。
体毛が生えてきた箇所だけ、集中的に再度脱毛できるんです。

残念ながら、医療脱毛やサロン脱毛では、後から体毛が生えてきたならば、料金を払って再び脱毛に通わねばなりません。
もちろん、数ヶ月~数年に渡り、定期的に通い続けなければなりません。
そのリスクや手間を考えると、二の足を踏んでしまいます。

いつでも脱毛できる脱毛器の利点

一方、セルフ脱毛はいつでも脱毛が可能です。
自分のペースで少しずつ脱毛に取り組むこともできます。

お手入れの周期は、脱毛機器によって異なりますが、主に週に数回~月に1回程度。
最初のうちは、3、4日に一度ずつくらいのペースで使用します。
シェーバー等でムダ毛を除去し、脱毛に挑まないといけませんから、この時期だけは根気がいります。
しかし、数を追うごとにムダ毛の生える速度が遅くなり、毛がどんどん細くなってゆきます。
目に見える効果の面白さが、面倒さを上回り脱毛に燃える人が多い時期でもあります。
夢中になったからと言って、マニュアルにある以上の脱毛をしてはいけません。

ムダ毛の生える速度が遅くなれば、脱毛の頻度もどんどん減らしてゆきます。
1ヶ月ほど小刻みに脱毛器を使用すれば、体毛の生えてくるスピードが劇的にゆっくりになりますから、月に一回~数ヶ月に一度に減らしましょう。
ムダ毛もどんどん細くなってゆき、産毛のように細く薄いものに目に見えて変わってゆきます。
特に、ワキやなど、体毛の濃い箇所ほど、効果が大きく現れるんです。
これは光脱毛の仕組みが関係していて、黒い色に反応して熱を発するので、ムダ毛が濃いほうがよく効くんですね。
ワキの脱毛には、驚きを実感できるでしょう。

濃いムダ毛ほど、効果が実感できる

一度、毛が細くなり、生えるスピードもゆっくりになれば、脱毛器の出番が減ってゆきます。
2、3ヶ月脱毛器を使用しなくても平気になるころには、ムダ毛に悩んでいた時期がウソのように感じます。
一番気になるのは、何といってもワキの処理ですよね。
そのころには、こちらも週に1回程度シェーバーで処理しておけば十分です。
完全に脱毛が完了するまでの間は、産毛のような毛がワキにも生えてきますから、それを処理するのです。
お風呂に入った際など、思い出したときにサッと処理するだけですから、とても手軽です。
「ついウッカリ」がなくなるので、それだけで安心。
デートや、温泉なども、怖くありません。
この時点で、充分に脱毛器の効果を感じられます。

お泊りやデートを脱毛の目安にしよう!

注意が必要なのは、機種によって、脱毛器の使用を完全にやめてしまったときの違いです。
そのままムダ毛が薄くなったままキープしてくれれば良いですが、再び毛根の細胞が活動し始め、元のように濃いムダ毛が生えてくるものもあります。
ムダ毛の生え変わり周期が長くなってからも、忘れずに脱毛を繰り返しましょう。
旅行や、お泊りの予定に合わせて、脱毛をしても良いですね。

脱毛のためにスキンケア?

光脱毛は、肌の黒い色に反応します。
日本人の体毛は黒いので、黒い毛に反応するというわけです。
ですから、極度の日焼けや、肌の黒ずみがあると、上手く体毛に反応できなくなってしまいます。
脱毛に取り組む前には、肌をしっかり保湿し、肌トラブルを少しでも減らしておくことが、効率的な脱毛の入り口です。

また、脱毛後も、肌に熱や痛みなどを感じることがあるので、しっかりと化粧水でクールダウンし、徹底的に保湿しましょう。
脱毛後によくあるトラブル「埋没毛」も、肌の乾燥によって起こりますから、保湿はマストです。

自分で脱毛するメリット!強引な勧誘がない

脱毛後の処理という点では、医療脱毛やエステ脱毛が魅力に感じる人もいます。
クールダウンや、施術後の保湿までがサービスに含まれていることが多いからです。
しかし、医療脱毛やエステ脱毛で悩ましいのは、保湿やスキンケアのためのアイテムを購入するよう勧められる点です。
もちろん、すべての医院やサロンが強引な勧誘をするわけではありません。
が、化粧品の販売や、エステサロンでは他のエステサービスに勧誘されることもあります。
脱毛メニューのみのサロンでも、全身脱毛など、より高額なサービスを勧められることも。
きちんと断れる人は問題ありませんが、それが嫌でサロンから足が遠のいてしまう人もいます。

勧誘や押し売りなどに気兼ねしないのも、セルフ脱毛の魅力ですね。

自分で脱毛しちゃうメリット5つ

メリット1.家庭用脱毛器があれば、いつでもできる

気になったらすぐ脱毛できる

家庭用脱毛器のメリットは、いつでもできるということです。
病院やエステサロンで脱毛を受けるには、事前の予約や手続きが必要です。
また、脱毛に通うのも根気が必要です。
特にエステ脱毛では、数年間通い続けないといけないことも多く、途中でやめてしまう人も多くいます。
引っ越しや転勤、転職などもないとは言えませんし、契約には思い切りが必要です。
家庭用脱毛器は一度購入してしまえば、自分のタイミングで好きなように脱毛ができます。

メリット2.家庭用脱毛器があれば、駆け込み脱毛OK?

自分のペースで脱毛ができる最大のメリットは、脱毛が完了していなくても、一時的に肌がきれいになることです。
どういうことかと言いますと、脱毛器を一度使うと一時的にムダ毛が抜け落ちます。
脱毛途中であっても、一時的にムダ毛のない状態を作り出せるのです。
旅行やお泊りに合わせて、こ事前に計算して脱毛をすれば、ムダ毛のない状態でその日程を迎えられます。
どれくらいの期間でムダ毛が抜け落ちるのかは、体質や脱毛器の出力によって異なりますから、数度実際に試して感覚を掴んでおきましょう。

メリット3.家庭用脱毛器なら、サロンに行く手間がかからない

面倒くさくない

セルフ脱毛をすれば、エステサロンに通う必要がありません。
上手いこと便利な場所にサロンがあれば良いですが、ほとんどの場合、わざわざ足を伸ばしてサロンに通うことになります。
大手脱毛サロンは、人気があるだけに安心感もありますが、一方で予約の取り難さが問題です。
脱毛をした際、次の予約も取るのが通常なのですが、数カ月先の予定なんて把握できませんよね。
直近に仕事や他の約束と重なって、脱毛の日程を変えないといけない事態が必ず予想されます。
そんなとき、人気サロンであればあるほど、激混みで予約が取れないなんてことがよくあるんです。

メリット4.家庭用脱毛器なら、追加料金や強引な勧誘がない

勧誘されたら不安

エステ脱毛も悩みの種は、他のサービスや化粧品の販売です。
強引なセールスはしないと謳っているエステサロンでも、押しの強いエステティシャンもいます。
更に料金システムも複雑で、期間限定価格などが設定されており、契約を急かされるように感じることもあります。
もし、断るのが苦手なら、強い意志を確認しなおしましょう。

メリット5.家庭用脱毛器なら、全身脱毛のコスパ良好!

コスパがいい

脱毛の比較で、重大なのはコストパフォーマンスです。
特に、全身脱毛など、脱毛したい面積が広くなればなるほど高額になりますから、脱毛選びは慎重になります。
その点、家庭用脱毛器はリーズナブルです。
人気機種も、安いものでは一万円台から、高くとも十万円未満ですから、全身脱毛が数十万円というエステ脱毛とは桁が違います。
それに引き換え、脱毛効果は家庭用脱毛器でもしっかりとあるんですから、断然コスパは家庭用脱毛器の方が上です。

家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛のデメリット4つ

デメリット1.生え変わり時期の見極めが難しい

フラッシュ式の光脱毛は、体毛の生え変わりサイクル(毛周期)に合わせて脱毛します。

hiercycle

光脱毛で効果があるのは、成長期の毛のみで、成長が終わった毛やこれから成長する毛には効かないのです。
ですから、毛が生え変わってゆくのに合わせ、脱毛をします。
医療脱毛やエステ脱毛だと、経験のある施術者が次の脱毛タイミングなどをアドバイスしてくれます。
しかし、セルフ脱毛ではこの生え変わりサイクルを、自分で見極めてゆくしかないのです。
生え変わり時期を見誤ったからと言って、ムダ毛や肌がどうなるものでもありませんが、手間や時間を無駄に使ってしまうのは避けたいところ。
更に、家庭用脱毛器も、フラッシュできる回数が決まっているので、無駄撃ちしてしまうと、脱毛の残り回数も減ってしまいます。

デメリット2.脱毛サロンの方が効果が出やすい

家庭用脱毛器は小型ですから、どうしても業務用の脱毛器に出力が劣ります。
その分、一回一回の脱毛の効果も低くなってしまいます。
さらに、サロンで使われる脱毛器は、痛みや熱を抑制するため、脱毛と同時にクールダウンできるものもあります。
あるいは、脱毛器と併せて使う、特性のジェルなど、使用感を和らげる工夫があるんです。
家庭用脱毛器を使う場合は、基本的に自分で用意が必要です。
痛み対策としては、凍らせた冷却ジェルなどで冷やしながら使用します。

デメリット3.家庭用脱毛器はI.Oラインや背中など手が届かない!

自分で脱毛器を体に当てますから、脱毛ができない部分もあります。
背中は面背も広く、しっかりとした毛が生えているエリアですが、自分で脱毛するには至難の業。
苦肉の策として、家族や彼氏、友人などに脱毛をお願いすることもできます。
しかし、「V.I.O」や「ハイジリーナ」と呼ばれるデリケートゾーンはそうはいきません。
特に、IやOラインとなると、お手上げな人も多いでしょう。
しかも、この箇所は肌が敏感で強い痛みを感じる場所でもあります。
サロンでの施術ですと、痛くても一気に終わらせてもらうことができます。さらに、医療脱毛ですと麻酔を使えます。
痛みをどこまで耐えられるかによって、脱毛ができる範囲が変わります。

デメリット4.家庭用脱毛器はカミソリと比べて面倒、痛い

全身脱毛にチャレンジするなら、その手間暇も計算に入れましょう。
腕や脚は施術がしやすい箇所ですが、服を脱ぎ、氷で冷やしながら少しずつ脱毛をしてゆくのは根気がいります。
脱毛器の機種によっては、フラッシュを打った後、エネルギーを貯めるまで数秒かかるものも少なくありません。
サクサク脱毛を進めたくとも、思うようにできないのでイライラします。

家庭用脱毛器の安全性と問い合わせ窓口を確認しよう

お問い合わせ窓口

フラッシュ式の光脱毛はその性質上、強い痛みや熱を感じます。
それが行き過ぎると、ヤケドを負ってしまうこともあります。
高出力の脱毛器が望ましですが、パワーが強すぎると事故の元です。
購入前には必ず、安全性をどのように実現しているのか、性能を見極めましょう。
安全面からも、性能の低い商品や、よくわからない製品は避けるのが無難です。
外国製のものを購入するなら、日本語の説明書が添付されているのか確認しましょう。
さらに、日本語で問い合わせできるのかも要チェックです。
使い方についてや、トラブル時に、連絡ができないのは困ったもの。
説明書と問い合わせ先を加味すると、日本メーカーの脱毛器が、扱いやすいでしょう。

家庭用脱毛器の注意点まとめ

脱毛器の高出力でヤケドに注意!

熱を利用する脱毛器につきものなのが、ヤケドです。
高出力であるほど脱毛効果は高いのですが、肌がヤケドのような症状を起こすことがあります。
また、

日焼けにご用心!

日焼けに注意

フラッシュ式の光脱毛の場合、光が黒い色に反応して脱毛をします。
ですから、濃いシミやホクロなどは、脱毛ができません。
さらに、日焼けした小麦色の肌にも、上手く反応しないので、脱毛を行えません。
脱毛サロンでも、日焼け後の施術は拒否されることが多いです。
また、日焼け直後の肌はヤケド状態で過敏になっていますから、脱毛器でさらに刺激を与えないようにします。
肌にトラブルがあると脱毛器は使えないので、肌状態をキープしましょう。

お風呂を控えるのはどんな時?

脱毛時、熱や痛みを感じることがあります。
一般的に「パチンと輪ゴムを弾いたような」と表現されることが多いです。
激痛でないにせよ、肌が刺激を受けたことには変わりないので、肌が過敏になっています。
もし、ヒリヒリと感じるのであれば、お風呂は少し控えましょう。
デリケートゾーンや肌の薄い部位を脱毛した後、顕著です。

スキンケアをしっかりと!

脱毛後は、しっかりとスキンケアを行います。
全身脱毛をするのなら、全身に保湿ケアをしましょう。
肌が乾燥すると、肌に埋没したまま表面に出てこれない毛が発生します。
埋没毛には、脱毛の効果がありませんから、日頃から掻きだしてやる必要があります。
無理にひっかくと炎症を起こしますから、体を洗う際などに優しく洗剤で洗います。
柔らかいボディブラシで、全身を少しずつ洗うと良いでしょう。

その脱毛、一生後悔しませんか?

V.I.Oラインの脱毛を行う場合、デザインを事前に決めないといけません。
特にVラインは温泉など、裸になったとき他人から見える部分です。
「どうせ脱毛するなら、すべて処理したい」と思う人が多いのですが、冷静に考えてみましょう。
外国ではすべて処理する人も多いそうですが、日本ではまだそこまで意識は進んでいません。
逆に、変な目で見られたり、驚いてジロジロ見られることもあります。
脱毛した後に「脱毛しなきゃよかった」と思っても遅いのです。
事前に、どんなデザインがいいのかよく考えましょう。
パートナーのいる方は、パートナーにも相談しましょう。

肌の黒い部分に注意を!

光脱毛は、光が肌の黒い色に反応して脱毛を行います。
ですから、肌にあるホクロや濃いシミにも反応しています。
サロンでの施術では、ホクロやシミにテーピングをしてくれることが多いのですが、セルフ脱毛だと、そこまで手が回りません。
肌の黒い箇所に何度もフラッシュを当てることで、肌へのリクスもないとは言えません。
セルフで行う時も、ホクロ、シミ、傷跡など、肌の黒い箇所に注意しましょう。

投稿日:2017年2月1日 更新日:

執筆者: